任意整理には弁護士

債務整理の中でも任意整理を活用するということには、いろいろな意味があります。交渉で進めることがポイントになってくることから、専門である弁護士が欠かせません。なぜならば、借金をした相手のほとんどは、お金に関する専門知識を有しているということがあげられるからです。

専門家お金を借りる側で考えた場合、専門家であるということは大変まれでしょう。専門であれば、対応策もいろいろと講じていたはずです。その中で、交渉というかたちで専門家を相手にするのは、大変な問題が出てしまいます。任意整理は、交渉によって進められる一方で、交渉が決裂してしまうことを忘れてはいけません。相手に一蹴されてしまい、不調に終わる可能性もあります。これでは、一番負担が少ない方法といえども、なにも効果をあげられなくなってしまいます。

弁護士を入れて対応するということは、こうしたダメージを発生させずに円滑に進めるためのコツといえるでしょう。交渉の専門家であり、金融ということにも明るい弁護士であれば、自分の代理として交渉を進めてもらうことができます。また、弁護士へ依頼すれることで、依頼した当日から受任通知を貸金業者へ発送してくれますので、それ以降取立てや返済をストップすることが可能です。

依頼をいただいた当日(時間帯により翌日)に受任通知(弁護士介入通知)を各貸金業者へ発送し,以後の取立・返済をストップさせます。

そして貸金業者には弁護士ということでプレッシャーをかけていくこともできるため、任意整理を活用するのであれば、欠かせない選択となるでしょう。


手早い交渉の任意整理